×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

厨二病達のレクイエム

DL

概要
   あなたは主人公「粉鎖生気」を操作してこの物語をHAPPY ENDに導いてください。
  (選択肢はありません)   

−繰り返す物語−

ストーリー
  その日も俺は学校に行った。そして教室に入ったはずだったんだが…
  気が付くと見知らぬ部屋にいた。目の前にはあくどそうな教頭が立っている。
  やれやれ、面倒なことになりそうだ。。


登場人物
  ・1−ε組 粉鎖生気(こさなまき)     両親がいなく孤児院で育った
  ・1−μ組 朗波子流(ろうなみしる)    外見中身共に幼い
  ・1−β組 菜夏山沙流香(ななつやまさるか)怒りっぽい
  ・1−ω組 中山悟(なかやまさとる)    行動力はあるがいつも空回り
  ・1ーλ組 ヤー・トルッツエ        とある事情で日本に亡命してきた
  ・教頭                   学校の教頭先生


参考リンク
  レクイエム−Wikipedia


作品について
  作者:anysone
  メアド:osos_001@mail.goo.ne.jp
  ジャンル:厨ニ病ノベル
  レーベル:微グロテスク
  著作権:NYSL
  備考:プンゲ初参加   


スクリーンショット
01.jpg(27856 byte)03.jpg(9306 byte)02.jpg(17293 byte)


ミニSS
  「この仕事をやれば…これをやれば全てを許してくれると言うんですね」
  「ああそうだ。出切るよな」
  「もちろん」そう言い放った言葉は今考えると重く沈んでいたような気がした。
  俺にそんなことが出切るのだろうか…心は果てしなくブルーで空に溶けてしまいたい気分だった。
  ガーンコーン。。どこからかそんな音が聞こえてくる。どこだろう。辺りを見回すとそれは教会からだった。
  行ってみることにした。
  「こんにちは」
  「ああ、こんにちは。今はミサをやっている途中でね。あなたも知っているだろ、自治会長さんの所のおじいさんが死んだの」
  「あの家はキリスト教徒だったのか…。ところで今流してる曲はなんていう曲なんですか?」
  「ああ、これはレクイエムだよ」
  「レクイエムと言えば…鎮魂歌だっけ」
  「いやいや、日本ではそう良く誤解されるんだけどね。本当の意味は葬送曲なんだよ」
  「葬送曲?」
  「そう、死者の死を悼むんだ」
  「そうか、葬送曲。葬送曲ね…」
  俺は歩いている途中で少年を見つけた。時計を見る。まだ時間はある。予行演習をやっておくか。
  「おーい、そこの少年」
  「なんだよ、おっさん」
  「いやちょっとね、おじさんの家で子どものパーティをやったんだけどね、お菓子があまっちゃったんだよ。来て食べてくれないかい?」
  「お菓子、うわ、欲しーい」
  「じゃあ決まりだね。さあ、行こうか」
  知らないおじさんに付いて行ったらダメなのに。俺はそう考えながらポケットの銃をカチカチと鳴らした。